肌を美しく見せる

正常な肌のキメは三角形の形をしている

テレビなどで女優さんのトーク番組などを見ていると、強いライトを下から浴びせているというのを見たことはありませんか?

 

なぜそのような事をするのかというと、肌の凹凸が無いように見せて美白効果ももたらしているのです。

 

なので、結構年齢を重ねている女優さんでも、とても肌がきれいで色白で若々しく画面に映ります。

 

しかし、一般人の私たちは常に下から強い光を浴びるという事はありませんよね?

 

ですので、肌の凹凸が目立ったりシミが目立ったりしてしまいます。

 

しかし、肌を美しく見せるという基本はどのようなものなのでしょうか?

 

それは、肌のキメです。

 

 正常な肌のキメの形は、三角形の形をしていますが、肌荒れや乾燥または老化などによりその三角形が乱れてしまうのです。

 

例えば洗顔後の顔のツッパリ感は、乾燥により起こるものでその時の肌のキメは三角形ではなく一部が引っ張られているという形になりそのままにしておくと、毛穴を開かせてしまう原因ともなります。

 

また、老化によるたるみも同じことがいえます。

 

ですので、キメを整える=保湿ということはとても重要になるのです。

潤いのある肌を作る

キメを整えるために保湿以外にも、紫外線対策や肌のターンオーバーを正常に保つなどがあります。

 

顔は紫外線を一番浴びやすい場所でもあります。

 

それに比べて、体は洋服などにより紫外線を浴びる量は少なくなっています。

 

ですので、体と顔のキメは違うというのはありますよね。

 

キメが整っている肌はファンデーションのノリも良く、お化粧の仕上がりもキレイになります。

 

キメの乱れの原因は、肌の乾燥や過剰な皮脂の分泌などが原因とされますので、日頃のスキンケアなどを見直してみるという事も大切です。

 

また、古くなった角質をそのままにしておくと肌の汚れが蓄積されていきますので、ピーリング石鹸などを使ってたまに肌の古い角質を除去するという方法もオススメです。

 

基本は、正しい洗顔と肌水分を逃がさない保湿で、しっかりと潤いのある肌作りをするということがキメを整えてくれるという事が言えますね。