紫外線ケア,化粧品

10年後もシミのない肌でいるために

20代でもまだまだ若いと思っていても、肌はとても正直です。
夜遅くまで起きていたり、食生活が不規則など普段の生活習慣が不規則であると、もろに肌にあらわれてきます。
シミの無い若いうちだからこそ、将来の肌つくりをするのは20代からと言っても過言ではありません。
早くから美白ケアをしている人と、そうでない人とでは、次第に訪れるであろう肌老化の早い、遅いが異なってきます。

 

20代の肌はまだまだ元気で健康的な肌です。
私も20代の頃はシミなんて全然気にもしていなかったし、美白なんてしてもいませんでした。
化粧品を購入するときに、化粧品カウンターで肌奥に潜んでいるシミを見せられた時も、「こんなにある訳ないよ」なんて思っていました。
それから数十年たった今は、後悔しまくりです。
あの見せられた時に美白ケアをしておけば、今はまだまともな肌でいられたのではないだろうか。
と思っても、すでに遅しって感じです。
経験者の私のように、後悔しないためにも若いうちからの美白ケアは将来の肌を作ると言えます。

 

では、実際に20代の美白ケアって何をすれば良いのか?

 

 紫外線ケアをしっかりとする
紫外線は一年中降り注いでいます。
季節によりその強さは違うけれども、春夏秋冬全てにおいて日焼け止めは塗るようにし、曇りや室内にいても紫外線の影響は受けますので、毎日の習慣として行います。
また顔だけではなく、首なども忘れずに塗るようにしましょう。


肌保湿は20代からしっかりとしておく!

 今あるシミとこれから出来るシミでは美白成分は違ってくる
20代で紫外線によるシミというよりも、ニキビ跡などによる色素沈着したシミで悩んでいるという方が多いとされています。
その場合ハイドロキノン配合などの美白化粧品などがよいかと思います。
ですが、肌が弱いという方はビタミンC誘導体配合のもので、刺激が少なく肌のターンオーバーを促してくれる成分のものが良いかもしれません。
また肌表面はシミなどないという方は、肌内部で出来るメラニンの生成を抑制する効果のある成分の美白化粧品がオススメです。
アルブチンやビタミンCなどが配合されたものが良いですね。

 

 保湿+美白
乾燥肌という女性は多いもので、乾燥肌は年齢を問わずに起こります。
また、肌が乾燥していると肌水分量が減り、肌のキメが乱れてしまいくすみの原因ともなります。
ですので肌保湿はしっかりと行う事は大切です。
美白化粧品は保湿力が優れた物を選び、化粧水や美容液などを肌に塗ったらしっかりとハンドプレスをして肌内部にまで浸透するようにしましょう。
その後乳液を塗って浸透させた成分を逃さないように蓋をし、その後日焼け止めや化粧をしていきます。

 

美白化粧品なども、肌質に合わせていろいろな種類がでていますので、自分の肌に合ったものを選ぶようにすることにより、美白成分が効果的に作用してくれます。

 

20代からの美白ケア - 【30代、40代に人気】オールインワンゲルおすすめ関連ページ

30代からの美白ケア
肌の悩みを感じ始めるのは30代殻と言われています。20代とは違ったスキンケア方法により肌の悩みを解消することが出来ます!
40代からの美白ケア
肌のたるみはほうれい線の原因となり、40代になるとシミやシワ以外にも肌悩みは増えてきます。年齢肌の悩みを改善していく方法をご紹介します!
50代からの美白ケア
50代での美白ケアは、塗るだけの美白よりも、美白+保湿効果の優れた成分を配合しているものを使う事が大切です!