シミケア,化粧品

シミ対策 記事一覧

紫外線は1年中降り注いでおり、紫外線対策も1年を通してしておくことは大切というのはご存知かと思います。ですが、紫外線対策でもある日焼け止めを正しくきれいに塗らないと、その効果は半減してしまうというのをご存知でしたか?日焼け止めの効果を最も引き出してくれるのは、日焼け止めの量です。よく「適量を塗り」ということを書かれているかと思いますが、そ...
詳細を見る
肌をきれいに保つって言うのは、考えてみると本当に大変ですよね。ニキビや紫外線、化粧品に食べ物などいろいろ・・・・美肌を保つって言うのは、本当に努力がいるものでもあります。綺麗な肌を保つために、まず行う事は紫外線対策ではないでしょうか?でも紫外線対策をしていても、シミができてしまったと思っている方もいらっしゃいます。シミ予防は紫外線だけでは...
詳細を見る
真夏の紫外線はとても強烈で、紫外線対策に日焼け止めを塗っていても完全には防ぐことが出来ない紫外線。気が付けば、日焼けをしてしまったということはありませんか?日焼をしてしまった後の、お手入れ方法はしっかりと行う事が、後々シミができてしまう、シミが出来ないという分かれ道になります。正しいお手入れ方法で、シミを作らせないようにさせることが大切で...
詳細を見る
弾力のある肌は、肌を指で押したときに弾みがある肌の事をいいます。赤ちゃんや子供の肌を想像してもらうと、一番わかりやすいかもしれませんね。そのためには、肌の潤いをしっかりと保つことにより弾力が生まれ見た目にも若い印象を与えてくれます。しかし、大人になるにつれて肌の弾力はつまり肌の水分量は低下し、きちんとケアをしていかないと肌水分を保つことは...
詳細を見る
シミを作らせないためにも、一年365日のケアは欠かせません。毎日コツコツ行う事で、シミを作らせない綺麗で健康な肌になります。シミは徐々に現れてきて、出来てしまったシミはすぐには消えません。そのためにまず、シミを作らせないことが大切です。シミ対策には紫外線対策と言われるほど、紫外線がシミの原因となることは知られています。シミを作らせないため...
詳細を見る
「肌のキメ」を整えるって、よく耳にしますよね?肌のキメを整えるとは、どのような事なのでしょうか?例えば乾燥した時の手の甲を見た時など、細かい溝ができていることがあります。この溝を皮溝(ひこう)と言い、その皮溝により盛り上がって三角などの形をした肌を皮丘(ひきゅう)と言います。この皮溝と皮丘が規則正しく均一の三角形に整っている状態が、肌のキ...
詳細を見る
同じ環境下におかれていても、シミが出来る人、出来ない人がいます。紫外線対策や美白化粧品などを使っていても、シミができてしまうという方は、シミになりやすい人という事が言えるかもしれません。しかしメラニンを作るメラノサイトの数などは、生まれた時にほぼ決まっており、その数に個人差はさほどないとされています。ですが日焼けをした時、人により異なりま...
詳細を見る
 毎日行っていたスキンケア、その方法は本当に正しいですか?普段行っているスキンケアが、シミを濃くしてしまっている可能性も!!シミが濃くなると言われているスキンケアの方法をいくつかご紹介します。 【メイク落とし・洗顔によるもの】メイクを落とす時にふき取りタイプのものなどにより、力を入れて肌を擦るようにメイクを落とすことにより、肌への負担が強...
詳細を見る
街中を歩いていて、母と娘の顔がそっくりな親子を見たことはありませんか?子供は両親からのDNAを受け継いで生まれてきます。ですので、性格や顔つきや仕草など両親と似ているのも、同じ環境下に住んでいるというのもありますが、根本的にはDNAを受け継いでいるからとされます。また体型や肌質も遺伝すると言われています。「お父さんは痩せているのに、お母さ...
詳細を見る
肩こりや疲れた時などマッサージを受けると、体が楽になった経験はありませんか?それはマッサージの効能で血行が良くなったることにより、調子が良くなるとされています。それと同じように、顔もマッサージをすることにより新陳代謝が促進され、老廃物や古い角質などが体外に出やすくなります。シミはメラニン色素が肌に残り沈着し、肌表面に出来てしまったものなの...
詳細を見る
最近、低体温という女性が増えてきているそうです。人間の体温の平均は36.5℃であり、低体温は35度台の事を言います。平均体温である36度台の場合は、体内酵素が最も活発化される温度とされており、体温が1℃下がると免疫力・基礎代謝・体内酵素の活性化などが低下するとされています。低体温になることにより、内臓の温度も下がるため体内を巡っている血液...
詳細を見る